アートメイクをやろうと思ったきっかけ

アートメイク前の悩みアイコン

私がアートメイクをしたのはアイラインの上下で、今から約10年程前、当時は24歳でした。

元々、メイクや美容に関しては興味がある方なので、当時もまつ毛パーマやまつ毛エクステなどひと通りの事はお試ししていました。そのおかげで、メイク時間の短縮が出来たりで良かったのですが、やっぱり気になるのが、お風呂上がりのスッピン姿。普段ばっちりアイメークをしていると、悲しい事に、スッピンになると急に目力が無くなっちゃうんですよね。

まつ毛パーマやまつ毛エクステのおかげで、ノーメイクでも大分目元はパッチリするのですが、やっぱりどーしても目元のぼやけ具合が気になる。

それに、プールや海水浴の際は殆どメイクが出来ないので、ファンデーションにまつ毛パーマやまつ毛エクステだけだと、何かちょっと物足りない感じがするし、ウォータープルーフの化粧品を使っても、やっぱり若干落ちちゃうので気づくとパンダ目に・・・。

本当にウォータープルーフで落ちない化粧品や、スッピンになっても目力がキープ出来る良い方法はないのかな?と悩んでいた時に、同じように(私以上に)メイクや美容に興味のある姉が、お友達にアートメイクをしてもらったのがきっかけでした。

やろうと思った決め手アイコン

施術してくれる人は姉のお友達だから安心だし、施術後の仕上がり具合と、姉曰く「全然痛くなかった」「途中で寝ちゃった」の一言で、なら私もやりたいっ!となり、アイラインの上下をする事にしました。