アイブロウ(眉)

アイブロウとは、一般的には眉を書くメイクの方法・道具のことですが、英語では単に眉毛を意味します。
アートメイクではアイブロウ(眉)の施術は一般的で、素顔の状態で消えない眉毛を作ることが出来ます。

アイブロウ(眉)

シャワーを浴びてもメイク落としをしても消えませんので、温泉旅行や海水浴・スパなど、メイクを落とさなければいけない時・メイクが落ちちゃう心配がある場所でも、綺麗な素顔を保てるので安心出来ます。

もともと眉の薄い人、あるいは年齢と共に薄れてしまった人などから特に需要がありましたが、最近では、素顔対策やメイク時間を短縮したい女子や、ビジネスの場で印象を良くする為にアイブロウ(眉)の施術を行うビジネスマンやおしゃれに敏感な男子の需要も増えて来ています。

こんな人におすすめです

  • 毎朝、眉をかくのにとても時間がかかってしまう。
  • 自分で眉をかくのが苦手で、どうしてもうまくかけない。
  • 彼の前で、眉が無くなるスッピンになるのは抵抗がある。
  • 眉が左右非対称でどうしても気になってしまう。
  • 眉が薄くて悩んでいる。
  • 眉が薄くて強面風になり、第一印象があまり良くない。
  • スポーツが好きなのに、汗で眉メイクが落ちるのが気になってプレイに集中できない。
  • 海水浴やプールに行きたいけど、公衆の場でスッピンになったり眉メイクが落ちるのが気になってしまう。

本物の眉毛のような立体感が出せるアイコン

眉は通常「毛」で形成されていますので、アートメイクをすると立体感のないおかしな眉になってしまうのでは?と言った不安をお持ちの方も多いと思います。

こちらに関しては、術師の技術やサロン・クリニックによって手法が異なる為、仕上がり具合にも大分違いが出てしまうようで、海苔を貼り付けた様なベタッとした濃い眉になってしまうようこともあるみたいです。

その中で、より立体的に見せるために3Dグラデーション法や、3D ストローク法と呼ばれる1本1本毛を描くように色を入れる技術を取り入れているところもあります。

お店を選択する際には、「ナチュラル感」に対してどのような技術・手法を用いているのかを確認してみたり、事前に過去の施術サンプル(写真)を見せて貰うなどした方が良いかもしれません。

好みの色も数十種類の中から選べるアイコン

色味(カラー)については、サロン・クリニックによって約100種類以上ものカラーを用意しているところもありますので、より自分の好みに合った色を選ぶことが可能になっています。