リップ(唇)

アイブロウ・アイライナーに次いで多いのがリップです。唇に色を入れるもので、主に2つの方法があります。
1つ目は、リップライン(唇の輪郭)のみ色を入れる。
2つ目は、フルリップ(唇の全体)に色を入れる。

Before After リップ

口元は、血色が良くてみずみずしく、ふっくらとしている方が健康的で若く見られがちです。また、年齢と共に唇の輪郭も不鮮明になってきますので、年配の方や唇の色が薄い人からの需要があるみたいです。

輪郭をはっきりさせたり、色味を加えることではっきりとしたメリハリのある顔立ちに見せる事が出来ます。

こんな人におすすめです

  • もともと唇の血色があまり良くない。
  • 唇の色が薄くて悩んでいる。
  • 唇自体が薄い。
  • 唇の輪郭が不鮮明で、口元がはっきりしない。
  • 飲食や乾燥の度に、口紅のお直しをするのが面倒。
  • 笑った時など、気づかない間に歯に口紅が付いてしまうのが心配。
  • 唇が荒れやすい為、口紅が使えない。
  • 口角を上げたい。

リップへのアートメイクには危険性もあるアイコン

唇は各種感染症に感染しやすいとされる箇所です。

リップへのアートメイク施術後、実に90%以上の人が「ヘルペス」に感染してしまうと言われています。サロン担当者からの施術前後の指示には必ず従って、きちんとした手入れを行う事が賢明です。

リップへの施術前に、このような危険性について詳しい説明をして貰えないサロン・クリニックでは、施術を控えた方が良いかもしれません。

リップへのアートメイクはカラー(色)が肝心アイコン

唇へのアートメイクの際、一番重要なのはカラーです。

唇の色一つで、健康的な印象や若々しい印象を持たせることが出来ます。
最初は薄めに色を入れていき、次第に理想の色になるよう調整していきます。これによって、理想の色味と違ってしまったり、クッキリしすぎてしまったりなどの問題を回避します。
そして、アートメイクでのせた色の上から他の色の口紅を塗ることも可能ですので、色々なテイストで楽しむことも出来ます。