CR北斗の拳5 百裂の運命

CR北斗の拳5 百裂の運命

 

CR北斗の拳5 百裂ゲームレビュー

近年、北斗の拳シリーズはその独自のストーリーテリングとアクション要素で多くのファンを魅了してきました。最新作『CR北斗の拳5 百裂』は、シリーズの伝統を受け継ぎつつ、新たな興奮と挑戦を提供しています。私はゲームレビュー経験者として、この作品について深く掘り下げてみたいと思います。

まず、『CR北斗の拳5 百裂』の最も注目すべき点は、その本来の意図がより複雑で深いものになっていることです。シリーズファンにとってはお馴染みの物語の進行がありますが、新たな登場キャラクターや予想外の展開が、プレイヤーに新しい興奮をもたらします。開発者は明らかに、単なる続編ではなく、シリーズに新たな息吹を与える意気込みを感じさせます。

ゲームの特徴として挙げられるのは、素晴らしいビジュアルと音響効果です。『CR北斗の拳5 百裂』は、従来のハードウェアの性能を最大限に引き出し、美麗なグラフィックスと迫力あるサウンドトラックでプレイヤーを引き込みます。キャラクターの表情や動きにも細部までこだわりが感じられ、ゲームの世界に没入することができます。

ぱちんこCR北斗の拳5 百裂 | 大阪、泉大津のパチンコ&スロット

 

ゲームプレイに関しては、新しい戦闘システムが導入され、これがプレイヤーに新しい戦略の余地をもたらしています。敵とのバトルはよりダイナミックで、スリリングなアクションが展開されます。また、新たな武器や技術も取り入れられ、バリエーション豊かな戦いが楽しめます。これにより、シリーズのベテランプレイヤーも新たな挑戦を楽しむことができます。

『CR北斗の拳5 百裂』をプレイする際のヒントとコツについても触れておきたい。まず第一に、キャラクターの特性を理解し、最適な戦略を練ることが重要です。各キャラクターは異なる武器や技を持っており、それを活かしたプレイが求められます。また、敵の動きを注意深く観察し、タイミングを見極めた適切なアクションが勝利への鍵となります。

総括すると、『CR北斗の拳5 百裂』はシリーズの中でも特に注目される作品と言えるでしょう。その独自の意図、印象的なゲームの特徴、洗練されたゲームプレイ、そして成功へのヒントとコツが組み合わさり、プレイヤーに満足感を与えてくれます。シリーズファンはもちろん、アクションゲーム好きには強くお勧めしたい一作となっています。

 

CR北斗の拳5 百裂の戦い

 

「ぱちんこCR北斗の拳 百裂」の後継機となる、『ぱちんこCR北斗の拳5 百裂』が登場した。

本機はこぼれ玉がほとんど発生しない「ゼロアタッカー」を採用。またゼロアタッカーカスタムVによりSammy初のV-ST(回数切り確変)仕様となっている。

通常時の図柄揃いは全て16R大当りとなり、ラウンド終了後は電サポ付きST128回転の「乱世モード」へ突入。
※V入賞が条件

滞在中はシリーズ初となる味方キャラクターとの共闘が発生し、大当りを重ねることにレイ→シュウ→トキとパートナーが変わっていく。

乱世モード中はバトル演出の他にも様々なリーチアクションが存在するほか、ラオウが登場すればその時点で大当り濃厚、[天帰掌]図柄が停止すればST回数リセット以上が濃厚となる。

通常時の図柄揃い以外の大当りは「百裂ザコ演出」を経由して突入し、ラウンド終了後は時短77回転の「百裂ゾーン」へ突入。

この間に引き当てた大当り後は、必ず「乱世モード」へ突入する。
※V入賞が条件

演出面では、RTC(リアルタイムクロック)機能による「ヒャッハーゾーン」に注目。

1時間に一度、全台一斉にザコが出現し、専用の演出を楽しむことができる。

スペックは、大当り確率 約1/229.1、初回大当り後50.5%、電サポ中は100%の確率で128回転のSTへ突入する、ライトミドルSTタイプ。

潜伏確変や小当りは一切存在しない。

 

ゲームの流れ

●基本的な打ち方
通常時は左打ち、電サポ中・大当り中は右打ちで消化。

●大当りの流れ
通常時からの大当りは以下のとおり。

・HYPER BONUS

[3][7]図柄揃いで突入する16R確変大当りで、ラウンド終了後は128回転の電サポ付きST「乱世モード」へ突入する。
※V入賞が条件

・乱世モード図柄停止/乱世ボス出現

百裂ザコ演出から[乱世モード]図柄停止や乱世ボス出現で突入する5R確変大当りで、ラウンド終了後は「乱世モード」へ突入する。
※V入賞が条件

・百裂ゾーン図柄停止

百裂ザコ演出から[百裂ゾーン]図柄停止で突入する4R通常大当りで、ラウンド終了後は時短77回転の「百裂ゾーン」へ突入する。
なお、大当りラウンド中に「Vを狙え!!」が出現した場合は5R確変へ昇格し、ラウンド終了後は「乱世モード」へ突入する。
※V入賞が条件

初打ちレクチャー

通常時は左打ち、電サポ中・大当り中は右打ちで消化。

小当りや潜伏確変は一切存在しない仕様になっている。

乱世モード&百裂ゾーン中は、「大チャンス演出」に注目。発生した時点で大チャンス!

●七傷予告(乱世モード)

●百裂チャンス(乱世モード・百裂ゾーン)

●ケンシロウ復活予告(百裂ゾーン)

●次回予告(乱世モード・百裂ゾーン)

 

フロー&モード

●乱世モード

図柄揃い大当り後、「百裂ザコ演出」で乱世ボスor[乱世モード]図柄出現で突入する、電サポ付きST128回転のモード。
※「百裂ザコ演出」で[百裂ゾーン]図柄が出現した際の大当りラウンド中に「Vを狙え!!」が出現した場合にも突入。
※V入賞が条件

●百裂ゾーン

「百裂ザコ演出」で[百裂ゾーン]図柄が出現した場合の4R大当り後に突入する、時短77回転のモード。

乱世モード

図柄揃い大当り後、「百裂ザコ演出」で乱世ボスor[乱世モード]図柄出現で突入する、電サポ付きST128回転のモード。
※「百裂ザコ演出」で[百裂ゾーン]図柄が出現した際の大当りラウンド中に「Vを狙え!!」が出現した場合にも突入。

※V入賞が条件

継続率は約75%、滞在中の大当りは70%が16Rとなる。

滞在中は宿敵登場でバトルへ発展し、勝利すれば大当り。

シリーズ初となる味方キャラクターとの共闘が存在し、大当りを重ねることで「レイ→シュウ→トキ」とパートナーが変わっていく。

滞在中にラオウが登場すれば6or16R大当りの「バトルボーナス」、トキが登場すればST回数が回復!?

<ゲームの流れ>
■図柄テンパイで発展!?
・共闘SU予告

共闘しているキャラクターとのステップアップ予告。
エフェクトの色に注目。

・襲撃予告

暗転からザコが襲撃してくる予告。
ザコの数に注目。

・宿敵予告
最大3回宿敵が登場する予告。
図柄がテンパイした時の宿敵とのバトルへ発展。

・味方ゾーン
味方が3連続でテンパイを示唆する予告。
テンパイすればチャンス。

■様々なリーチが多数存在
・バトル

開始画面に注目。
七傷予告発生で大チャンス!

対戦相手によって勝利期待度が変化。
アミバなら勝利濃厚!?

勝利すれば「HYPER BONUS」or「BONUS」。

・次回予告

発生した時点でバトル勝利濃厚!?

・天帰掌演出

[天帰掌]図柄出現でトキと対戦。
「BATTLE BONUS」orST回数回復!?

・味方リーチ
レイ・シュウ・トキの専用リーチで大当りを狙う。

<専用演出>
●百裂チャンス

発生した時点で大チャンス!
ボタンPUSHで北斗七星ギミックが完成すれば大当り!?
オーラの色に注目。

●ターゲット予告

CR北斗の拳5 百裂の宿命

 

田中健太 (評価: 4.2/5)

田中健太のゲームレビュー:

『CR北斗の拳5 百裂』は、北斗の拳シリーズの中でも非常に優れた作品だと感じました。まず、ゲームの特徴として、新たな戦闘システムが素晴らしいです。キャラクターごとに異なる武器と技が組み合わさり、バラエティ豊かな戦略が展開されます。また、ビジュアルと音響効果も非常に高品質で、ゲームプレイに臨場感を与えてくれました。私はこれまでの北斗の拳シリーズのファンでしたが、新しい要素が加わったことで、さらに楽しむことができました。


山口悠太 (評価: 4.5/5)

山口悠太のゲームレビュー:

『CR北斗の拳5 百裂』は、シリーズ全体の進化を感じさせる作品でした。新たなキャラクターとストーリーが追加され、予測不能な展開がプレイヤーを引き込みます。ゲームプレイのルールも一部変更され、これによりより深い戦略が求められるようになりました。特に、敵とのバトルがよりスリリングで挑戦的になり、それが私にとってこの作品の魅力でした。総じて、期待以上の体験ができるゲームだと思います。


佐藤慎一 (評価: 4.1/5)

佐藤慎一のゲームレビュー:

『CR北斗の拳5 百裂』は、シリーズの中でもっとも複雑で深いストーリーを提供してくれました。新キャラクターの導入とそれに伴う戦略の変化は、プレイヤーに新しいチャレンジをもたらしました。ゲームプレイ中に感じる緊張感と興奮は、他のゲームではなかなか味わえないものでした。ただし、一部のルール変更が最初は戸惑うこともありましたが、慣れるとそれがゲームの深みを感じさせる要素となりました。総合的には、シリーズの進化を楽しむ上で満足のいく作品だと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

上部へスクロール
業界連盟:日本 カジノ k8 カジノ k8 カジノ k8 カジノ k8 カジノ |